今日、ランニングシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと話してて
「踵の粘り気」の話になりました。

昨日のブログでも話しましたけど
日本のトップランナーでも、踵離れが早い。

それを藤原さんが「粘り気」という表現をされてたので
早速パクらせていただきました(藤原さんごっつぁんです)。


足ができるだけ後ろに後ろに伸びた方が
前方にスムースに進む。

そのためには、股関節の伸展だけじゃ足りない。

てか、股関節なんていう概念、人間が人間の都合で勝手に作った解釈。
体をパーツの集合体として考えると、色々な不都合が起こる。

体全部で、地面との接点を後ろに移動させる。

こんなイメージです。

画像①

画像②


画像②では、胴体がしならない分、股関節っていうパーツの伸展が
地面との接点を後ろに移動させるためにメインの動きになってる。

これが先に挙げた、踵の粘り気が出なくなる原因の一つ。

で、そうなると足関節の底屈で
ブレーキをかけながら前進することになる。


足関節の底屈、そして足趾の屈曲は
足底腱膜、そしてアキレス腱を短縮させる方向に作用して
腱としてのそれらのバネを有効活用できない。

裸足で走り始めたり裸足感覚のシューズを履くことで
足底腱膜を痛めたり、アキレス腱・ふくらはぎを痛めたりする人がいますけど
(一般的なシューズ履いてる人の罹患数の方が圧倒的に多いですけどね)
要は、足関節底屈&足趾屈曲の力みによる短縮方向の力と
足趾背屈&足趾伸展による伸張方向の力が
喧嘩してるわけです。

前に進みたいのであれば
足関節底屈&足趾屈曲を放棄!!!

そうすれば、過度なストレスから解放されるので
何か変わります^ ^

でも、これがなかなか難しい…

だってこれまで
前進するために頼りに頼ってたシステムを放棄するわけですからね。

新しい動きを身につけるには
一度パフォーマンスを落としてでもぶっ壊さなきゃいけないことがあります。


勇気が要りますけど
その先には別次元の走りが待ってます。

ただし、そこにたどり着けるかどうかは
あなた次第!!!

でもね、一歩踏み出さなきゃ始まんないし。

宝くじも、買わなきゃ当たんないしねー。
未だに当たったことないけど…( ̄◇ ̄;)

--------------------

ランニングによる故障の治療は
ランニングによる故障のことを理解している治療院の方がいいですよね?
僕も実際に治療受けたりしてる、信頼できるスタッフがいる治療院。
「セントラル接骨院東戸塚店」