image



先週の日曜日。

息子のドッジボールの大会での出来事。

この日のために、結構前から練習をしていたようで
息子も何となく自信ありげ。

1回戦。

まさかのベンチスタート(笑)

まぁ、3・4年生混成チームだから
パワーバランス的にはそうなるわな。

1回戦前半は勝利し、好調な滑り出し。

そして満を持して後半に核兵器投入!

したものの…

隅っこで、ゲームが進むのを
あたかもベンチにいるかのように眺める余裕っぷり。

さすが我が息子、まだ動くときではない、ということだな。

というわけで、1回戦は難なく勝利。

しかし、2回戦でとうとう本領を発揮しやがったんです。


続く2回戦は、ウォーミングアップを見る限りでは
球の勢いが違います。

どう贔屓目にみても、勝ち目がない。

前半はセオリー通り、ベンチスタート。

しかし面白いもので
全体的な選手たちの球威ではまるで歯が立たなくても
唯一の生きた球を放るポイントゲッターに球を集め
どうにかこうにかポイントを取り、前半は何とかドロー。

それだけでも、結構感動ものだった。

みんなで話し合ったのかはわからないですけど
あんなに力の差が歴然だったのに
意志を統一すれば、こんなパワーが生まれるんだって。


さぁ、後半はいよいよ湘南の核兵器が登場だ。

これはいい勝負ができそうだ…

と…

始まってすぐに

顔面にクリーンヒットΣ(゚д゚lll)

息子はメガネをしてるので
それだけ心配だったんですけど
痛かったのか何なのかわかりませんが、ずっと泣いてます。

おいおい、大袈裟だぞ、そろそろ泣き止んで再開せえよ。

親の僕がそう思うくらいですから
相手チームは相当イラついたことでしょう。

おいおい、いい加減泣き止めんかい!

逆に親父の僕が野次を飛ばしてやろうかと思ったところで
ようやっとゲームは再開。


ただ、ここでゲームは思わぬ展開に。
この中断に相手チームは完全にリズムを失い
結局、息子のチームが勝ってしまったヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


え???
も、もしかして…
いや、まさか…

あれは息子の作戦だったのか?


その後、影のMVP級(親父評)の働きをした息子の元に駆け寄って
「スゲーじゃん、あれ、まさか狙ったん!?」
と真意を聞こうと思ったら
また猛烈に泣いてるではないの?

理由を尋ねると
さっきのチームのやつらに
「あのメガネのせいで負けた」
って言われたらしい。

これでもう、息子のマンオブザマッチは確定したな。

相手チームも認めてるんだから。

「あのメガネのせいで負けた」ってことは
「あのメガネがいたから負けた」ってことなんだから。

これで息子がブラジルのサッカー選手みたいに
泣きながら舌出してたら、こいつは恐るべしだとある意味尊敬するけど
まぁ実際のところ、普通に泣き虫で泣いてただけだから
かわいいもんだ。


そして、次の準決勝は同じ手を使うわけにもいかず
あえなく敗退…(;^_^A


いやぁ、久々にイイもん観させていただきました。




というわけで、ブログランキングに参加してますー!
ブログの内容に共感していただいた方は
クリックをお願いします!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


ランニングによる故障の治療は
ランニングによる故障のことを理解している治療院の方がいいですよね?
僕も実際に治療受けたりしてる、信頼できるスタッフがいる治療院。
「セントラル接骨院東戸塚店」
ウェブサイトは→コチラ