昨日の富士登山競走。


ウチの矢田は見事
制限時間1分前にゴール!


素晴らしい粘り腰でした!



しかしその矢田から
富士登山競走の
残念な話を聞きました。



というのも
エイドで取った給水のコップを
そのへんにポイポイ捨てるアホたちが
あまりに多いということ。



もう、あえて
アホ呼ばわりさせていただきます。


これに異存がある方がいらっしやいますか?



ボランティアのスタッフが
わざわざゴミ箱を用意してくれているのに
わざわざそこには捨てず
富士山に捨てる。



アホ以外の何物でもないでしょう。



苦しんでるんだから
何やっても構わない?



そんな余裕のない人は
出場するのやめて
深呼吸の練習でもしたらどうでしょう?



矢田の話を聞いてて
ものすごく憤りを感じました。




で、よく引き合いに出されるのが
ロードでのレース。



一般的なロードレースでは
給水用の紙コップを
ポイポイ捨てる人が多いですが
あれだって、ちゃんとゴミ箱あるんですよ!


何でゴミ箱に捨てないの?



苦しんでるんだから
偉いの?


苦しんでたら
何やっても許されるの?


そんな人たちが
何のマナーもわきまえず山に入るから
色んな問題が起きるんでしょう?



苦しんでるから偉いわけじゃない。



苦しむのは
てめぇの勝手だ!



苦しまないように工夫しろ!



そして
苦しくても
心は配れ!



苦しんでるから偉いなんて考えは
愚の骨頂です。