私は走るのがすごく大好き。




と、いうあなた。

果たして
本当に
走るのが好きですか?



本当に?



狙った記録を出せた、自分が好きなんじゃなくて?
距離をいーっぱい走った、自分が好きなんじゃなくて?
誰かよりも速く走れた、自分が好きなんじゃなくて?
昨日の自分よりも速く走れた、自分が好きなんじゃなくて?


ちなみに僕は
走るのが好きだから走ってるわけではありません。


走ることでわかることがあるから
走ってる。


あとは
ビールが美味しく飲めるから、走ってる。



走るのが本当に好きな人は
時計に気を取られることも
距離に気を取られることも
誰かに気を取られることも
昨日までの自分に気を取られることも
ランニングフォームがどうこうということに
気を取られることも、ないでしょう。



そういう意味では
僕が知りうる限り
走るのが好きな人なんて
今まで見たことがありません。



みんな、頭で走ってます。



そういえば僕
走るのはあんまり好きじゃないって言い出してから
あんまりケガしなくなったなー。



裸足で走るのも
確かに気持ちはいいけど
僕の場合は
どうやったら速く走れるかを追求するための
ひとつの方法というスタンス。



走るのを仕事にしてて
走るのあんま好きじゃないっていうと
印象悪いですかね・・・。



でもやっぱり
ビールが美味しく飲めるから走ってるってのが
本音だしなぁ。



最近ランナーが増えて
走るの大好き!みたいな空気に
何か違和感を感じてまして
ついこんな
斜に構えたブログを書いてしまうわけです。